診療方針

ビショウ(美笑)鍼灸院では脈診鍼灸治療を行っています

☆体表に生じる反応は体内の情報を映し出す鏡

脈診の写真

 

当院の脈診流鍼灸治療は、左右6箇所の手首の脈を診る事で、どの位身体に負荷がかかり、どの様な病理状態になっているのかをその場で即診断する事が出来ます。
脈の強弱や血流速度、血管壁の弾力の異常により、血流や脈拍に変化を引き起こす病脈を診て、治療方針、目標設定を立て、病的な状態を改善していき、肩凝りや腰痛など、様々な症状を根本から治療していきます。
肩凝り、腰痛、膝痛などの痛みや、うつ病、アトピーなど西洋医学の検査では原因がわからない症状などに対しても、効果を発揮しています。

■■■当院を選んで頂ける秘訣■■■

★『治療家は陽である事』を大切にしています。
「陰は暗く、陽は明るい」
人の性格を表現する時によく用いられますが、治療家として常に陽として皆様のお力になる様にエネルギーを注ぎます。
その為にも日々進歩・前進する事を大切にし、精神・技術に磨きをかける事を惜しまず、努力し続け、常に調和を大切にし、施術者として品格のある言動を心掛け、プロの臨床家として毅然とした態度で対応致します。

★『病は気から』 病に打ち勝つ力を高めます。
東洋医学では人体の構成要素である(気・血・津液)に何らかのトラブルがあった時に病気が起こると考えます。
邪とは病気を引き起こそうとする「病邪」、正とは病邪から身体を守る「正気」の事で
病邪の力が正気を上回って病気になってしまいます。
経絡と言うのは気・血・津液を運ぶ通路であり、病邪により経絡が滞る事により、生命エネルギーが低下し、不調が引き起こされます。
つまり経絡は病が宿る場、病が進展する伝達通路となっています。
経絡の流れをスムーズにして、病邪を滞らせなけば、生命活動も盛んで、エネルギー
に満ち溢れた心身で過ごす事が可能なのです。
症状が複数あり、全身状態が複雑になっているケースが多く見受けられますが、これらには根本施術を主としている鍼灸院だからこそ治療が出来ます。
どの様に施術を行っていくか脈診をし、治療方針を立てて施術を行います。
病に打ち勝つだけの気力を養い、全身のエネルギーを活性化していきます。

★脈を診て施術する事を重要視しています。
東洋医学は、本家中国では「中医学」とも呼ばれていて、起源三千年前~五千年前とも言われる歴史の中で長い年月をかけ、知識と経験を積み重ねられた漢方基礎理論。
『脈を検査する=脈診』と言う東洋医学の診断法があります。
脈の変化によって病の好転が明らかに判断する事が可能であり、まさしく医療の源。
鍼灸師にとっては限りなく追及し続けたい技なのです。
鍼灸治療にも様々な施術法があり、脈を見ない鍼治療、中国鍼、刺さない鍼、一穴鍼治療、反応点治療、局所治療、お灸専門治療、、、など流派が沢山あります。
どれも自分自身の身体で体験をしました。それぞれどれも治療として成り立っており、効果も出ます。
治療家として一番自分が納得する方法で施術を進める事により、気の交流が盛んになり、施術イメージもしやすくなり、症状軽減の近道だと思っています。

★日々向上心を持って日々施術に取り組んでいます。
鍼治療の最大の眼目は、経絡を流れている気に働きかけ、気を通じて効果を発揮させる事にあります。
「この経絡を使って、この部分からこういう邪気を取り除こう」と言う様なイメージがとても必要なのです。
気の意識がないといくら鍼を刺しても鍼灸師の気は患者に伝わっていきません。
これらを意識、イメージして行く事は、膨大な知識と経験、日々進歩している技術を取り入れなければなりません。
漢方鍼灸臨床研究会(脈診勉強会)に所属し、日々、学術、臨床、人間性の構築に時間を費やし、より良い鍼灸業界の発展の為に切磋琢磨しています。
経絡の流れを良くしてから、まだ詰まっている部分をピンポイントで緩めていく当院の施術方法は、身体の深部からごっそりと変化をさせていくので効果が出やすいのも特徴です。
ツボを取る事1つにしても、熟練の鍼灸師でも、確実に結果を出せるツボを再確認し合い、鍼一本1本に魂を込めて自分自身の邪念を取り払い、集中し、良い脈、元気な身体へと変化させます。
この情報に出会えた事を幸運な事と受け止めて下されば幸いです。

★『医食同源』 食べ物で身体は変化します。
病気を軽減するのも、食事をするのも、共に生命を養い健康を保つ為には欠く事の出来ない物で、源は同じだという考え方。
日頃からバランスの取れた美味しい食事を取る事で病気を予防し、軽減しようとするものです。
毎日の食事は、身体作りの基本です。
薬膳の知恵をお伝えし、日々の生活の中に取り入れやすいアドバイスを加えていきます。